4evergreen Alliance、繊維系包装の回収と分別におけるさらなる調和を要求

4evergreen Alliance、ファイバーベース包装の回収と分別におけるさらなる調和を要求

9月1日、国際イニシアティブ4evergreen Allianceは、リサイクルのための繊維系包装の回収と分別に関するガイダンスを発表した。本ガイダンスは、関連する規制と制度の枠組みを検討し、利用可能な回収と分別のシナリオの評価を提供する。

4evergreenは、回収からリサイクルまでのルートに関わらず、EUの繊維系包装廃棄物のリサイクル率目標を達成する上で鍵となるいくつかの勧告を支持している。本ガイダンスでは、専用の紙・板紙工場での回収からリサイクルまでの「経路」を検討し、回収を改善する方法について実践的な推奨事項を示している。

本文書は、EUの法的要件を満たし、繊維系包装材のリサイクル率90%という4evergreenの野心的な目標を実現するために、将来の回収・分別・リサイクルインフラの実施を導くことを目的としている。また、すでに存在し、繊維系包装のリサイクルの高性能化に貢献している代替モデルを弱体化させるものではない。

繊維系包装材の回収と分別の効率性を確保するために、4evergreenは以下のことを推奨した。

  • 繊維系包装材のリサイクル率を高めることを目的とした、分別収集と収集後の分別への投資とすべての関係者の参加を奨励する法的な取り組み
  • ガイダンスに記載されているように、家庭用包装材の回収と分別におけるベストプラクティスに従うこと。
  • 単一市場を保護するために、ラベル付けシステムを通じて、包装廃棄物の分別方法について消費者に調和されたコミュニケーションアプローチをとること。
  • 繊維系包装材のEUレベルでの発生源別リサイクル目標
  • 家庭で回収された軽量包装(LWP)の選別施設において、プラスチックや金属から繊維系包装材を分離することの義務化
  • 必要に応じて追加のリサイクル能力に投資する必要性を含め、各タイプの包装材の実際のリサイクルコストを可能な限り反映したEPR料金体系

【参照ページ】
(原文)4evergreen Alliance Calls for Greater Harmonisation in Collection and Sorting of Fibre-Based Packaging
(日本語訳)4evergreen Alliance、ファイバーベース包装の回収と分別におけるさらなる調和を要求

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る