スプライト、グリーンボトルの使用を終了し、グリーンパッケージを推進

スプライト、グリーンボトルの使用を終了し、グリーンパッケージを推進

7月29日、コカ・コーラは、パッケージのサステナビリティを向上させるための一連の動きの一環として、スプライトのパッケージを透明ボトルとし、象徴的な緑色のデザインを廃止する予定だと発表した。

8月1日より、スプライトのプラスチック製PETパッケージは、すべて緑色から透明なものに変更される。緑色のPETはリサイクル可能であるにもかかわらず、リサイクルされた材料は衣類やカーペットなどの使い捨て品に姿を変え、新しいPETボトルにはリサイクルできないことが多かった。

同社によると、Fresca、Seagram、 Mello Yelloなど、北米コカ・コーラのグリーン・プラスチック・ポートフォリオ全体が、今後数カ月のうちに透明PETに移行するとのことだ。

さらに、米国ではコカ・コーラのボトルウォーターブランド「DASANI」のボトルの大半が、今夏からキャップとラベルを除いて100%リサイクルプラスチック製で提供される予定だ。カナダでは、DASANIのすべてのボトルがこの仕様に変更される。この移行により、2019年と比較して2000万ポンド(約32億円)以上の新しいプラスチックを節約し、2023年だけで25000トン以上のGHG排出を削減することが期待される。

今年初め、コカ・コーラは新たな再利用可能なパッケージング目標を発表し、2030年までに全世界のブランドポートフォリオの全飲料の少なくとも25%を詰め替え可能なガラス瓶またはプラスチックボトル、あるいは詰め替え可能な容器で販売することを目標としている。

本発表は、2030年までにすべてのボトルと缶に少なくとも50%のリサイクル素材を使用するという同社の「World Without Waste」イニシアティブの目標や、2027年までに2021年比で20億本相当のバージンプラスチック製ボトルを生産から排除するというDASANIの公約も支持している。

【参考ページ】
(原文)Here’s why Coca-Cola is eliminating the iconic green Sprite bottle
(日本語訳)コカ・コーラがスプライトの象徴である緑色のボトルを廃止する理由はここにあります。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る