Swell Energy、仮想発電所プログラムの構築に向けて約170億円を調達

Swell Energy、仮想発電所プログラムの構築に向けて約170億円を調達

11月22日、エネルギー管理およびスマートグリッドソリューションのプロバイダーであるSwell Energyは、同社の仮想発電所プログラム(VPP)を600MWhに拡大し、エネルギーコストの上昇、停電、グリッド汚染に対処するための支援を目的として、1億2,000万ドル(170億円)を調達したと発表した。

SwellのVPPは、米国内の家庭や企業に設置され、電力会社、顧客、サードパーティサービスプロバイダーを結び付ける。そして、同社のGridAmpソフトウェアプラットフォームを通じて分散型エネルギー資源を集約・最適化し、太陽光発電バッテリーの凝集ネットワークを提供して、系統全体の信頼性と安定性をサポートするとともに、系統運用コストを削減する。

本プログラムは、電力会社の化石燃料への依存を減らし、よりクリーンなエネルギーの提供を支援する。また、家庭や企業が太陽光発電や蓄電に支払う費用を抑え、停電時にも電力を確保することを可能にする。

【参照ページ】
(原文)Swell Energy Raises $120 Million to Bring Total Solar and Battery Virtual Power Plants to 600 MWh
(日本語訳)Swell Energy、仮想発電所プログラムの構築に向けて約170億円を調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る