H&M、ファッションのリサイクルインフラを構築する合弁会社を立ち上げ

H&M、ファッションのリサイクルインフラを構築する合弁会社を立ち上げ

2月15日、ファッション・デザインブランド企業のH&Mグループと廃棄物管理・リサイクル企業のRemondisは、ヨーロッパで使用済み・不要の衣服や繊維製品を回収・分別し、再販・リサイクルを可能にするインフラとソリューションの開発を目的とした新しい合弁会社、Looperの立ち上げを発表した。

H&Mによると、EUでは使用済みの衣料品の約60%が廃棄されている。Looperは、欧州全域から衣類を回収し、ドイツにある同社の施設で仕分けを行い、リユース・リサイクルに取り組む企業に原料を提供する。

同社は、2023年中に約4,000万着の衣服の最高使用期間の延長を目指す。

H&Mは、2013年にファッション企業として初めてグローバルな衣料品回収の取り組みを開始した。投資部門であるH&M CO:LABを通じて繊維のリサイクルを可能にする技術を開発する企業に出資するなど、ファッション循環の向上に向けた一連の取り組みを行っている。今回の合弁会社の設立は、その一環となる。

Looperは、繊維の回収と選別の分野でイノベーションを起こし、新しい回収スキームのテストや自動選別技術の導入に取り組む予定だという。また、リユース・リサイクルの分野でも、さまざまなパートナーの開拓を目指す。

【参照ページ】
(原文)H&M Group and Remondis create joint venture to collect, sort and sell used and unwanted garments and textiles
(日本語参考訳)H&M、ファッションのリサイクルインフラを構築する合弁会社を立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る