Jacobs、670億円の「サステナビリティ・リンク・ボンド」を発行し、負債コストとESG目標を関連付け

2月16日、テクノロジー、コンサルティング、ビジネスソリューションの企業であるJacobsは、同社の多様性と気候に関する目標に連動した10年債の金利を伴う、初のサステナビリティ連動債の募集を完了し、5億ドル(約670億円)を調達したことを発表した。

本債券は、同社の持続可能なビジネス戦略「プランビヨンド2.0」の重要な要素を形成している。Jacobsは2021年に同戦略を立ち上げ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿って、事業と顧客ソリューション全体に持続可能性を取り入れることを目的としている。

同戦略は、「良好な健康と福祉(SDG3)」「清潔な水と衛生(SDG6)」「イノベーション、およびインフラ(SDG9)」「不平等の縮小(SDG10)」「持続可能な都市とコミュニティ(SDG11)」「気候行動(SDG13)」というSDGsの6つの中核に重点を置いている。

この枠組みのもと、社債の利率に連動する具体的な目標としては、2027年度末(9月期)までにVP以上の役職における女性比率を40%以上とすること、2029年度末までにビジネストラベル、社員通勤、上流燃料からのスコープ1、2排出量およびスコープ3排出量の絶対量を2019年基準で70%以上削減することなどが挙げられている。

目標が達成されない場合、社債の金利は最大0.25%上昇し、多様性目標が未達成の場合は2028年9月時点で最初に0,125%ステップアップし、排出量目標が達成されない場合は2030年9月に2度目の上昇を予定している。

【参照ページ】
(参考記事)Jacobs Completes Issuance of $500 Million in Sustainability-Linked Bonds
(日本語参考訳)ジェイコブス、5億ドルの「サステナビリティ・リンク・ボンド」を発行し、負債コストとESG目標を関連付け

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る