IEA、36カ国加盟の気候クラブ発足 重工業における脱炭素化を支援

12月1日、36カ国は、重工業の脱炭素化加速に向けハイレベルフォーラム「気候クラブ」を発足させた。国際エネルギー機関(IEA)は、経済協力開発機構(OECD)とともに、暫定事務局として本フォーラムを支援している。

IEAは、産業部門別技術ロードマップの作成、産業脱炭素化アジェンダの下でのG7各国政府への助言、そして最近設立された産業脱炭素化ワーキング・パーティーを通じて、産業排出削減の分野で長年にわたり加盟国を支援してきた。

気候クラブは、パリ協定の目標達成と実施を支援するための、気候変動に前向きな国々によるオープンで協力的かつ包括的なフォーラムである。特に産業の脱炭素化に重点を置き、気候変動対策を加速させ、今世紀半ば頃までに世界全体で温室効果ガス(GHG)排出量ネット・ゼロを達成するための野心を高めるための支援を目的としている。COP28国連気候変動会議では、気候クラブ加盟国の首脳や閣僚がドバイに集まり、2024年に向けた共同作業計画を策定する。

2022年、産業部門は9ギガトン(Gt)の直接CO2排出に関与しており、エネルギー関連排出と産業プロセス排出の両方を含むエネルギーシステム全体のCO2排出の4分の1を占めている。電力や輸入熱源からの間接的な排出を含めると、これは約16Gt-CO2となり、エネルギーシステム全体の排出量の約45%を占める。鉄鋼、セメント、化学の3つの産業部門が、産業からの直接CO2排出量の約70%を占めている。

2013年以降、産業界からの直接排出量はほぼ横ばいで推移しているが、IEAの「2050年までのネット・ゼロ・エミッション・シナリオ(NZEシナリオ)」に合わせるためには、2030年までに約7GtCO2(年平均で約3%)まで削減する必要がある。

【参照ページ】
(原文)IEA supports faster industrial decarbonisation through new Climate Club
(日本語参考訳)IEA、36カ国加盟の気候クラブ発足 重工業における脱炭素化を支援

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る