PCAF、証券会社向けのGHG算定・報告基準を発表

12月1日、投融資カーボンフットプリント算出基準策定機関Partnership for Carbon Accounting Financials(PCAF)は、証券会社・投資銀行向けの初のグローバルなGHG計算および報告基準(パートB)を発行した。

資本市場取引においては、これまで温室効果ガス(GHG)排出量を考慮する業界全体の基準は存在しなかった。 本基準は、金融機関が資本市場の事業分野に関連する排出量を一貫して測定および開示することを許可し、融資および投資活動に関連する排出量の測定および開示に関する以前のガイダンスを補完する。

本基準は、資本市場商品の一次発行と融資シンジケーションを対象とする。 一次発行とは、負債ベースまたは株式ベースの資金調達を提供するための新規証券を指す。これには、一般目的で発行されるさまざまな種類の債券、普通株式、非公開企業への株式および負債投資、優先株、およびシンジケートローンの新規発行が含まれる。

本基準により、金融機関は排出量測定のアプローチに一貫性を持たせることができると同時に、報告の柔軟性も提供される。 本基準は金融機関に対し、33%の重み付け係数を使用して促進排出量を報告し、適用された重み付け係数を公開報告書で明確に開示することを義務付けているが、明確な根拠とともに個別に報告される限り、重み付けなし(100%で促進排出量を報告する)オプションも可能としている。

【参照ページ】
(原文)PCAF launches a new Accounting and Reporting Standard for Capital Markets
(日本語参考訳)PCAF、証券会社向けのGHG算定・報告基準を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る