Pernod Ricard、約344億円を投じてカーボンニュートラルな蒸留所を建設

Pernod Ricard、約344億円を投じてカーボンニュートラルな蒸留所を建設

12月8日、ワインと蒸留酒のメーカーであるPernod Ricardは、ケンタッキー州マリオン郡にある同社のジェファーソンズ・バーボンブランドの蒸留所に約2億5千万ドル(約344億円)のカーボンニュートラルな投資を行う計画を発表した。

本発表は、Pernod Ricardによる環境持続可能性に焦点を当てた一連の動きの中で最新のもので、最近発表したアイルランドのミドルトン蒸留所を今後4年間でカーボンニュートラルに転換するために5000万ユーロ(約72億円)投資する計画、2026年までにシーバスブラザーズのブランドでカーボンニュートラル蒸留を達成する目標、アブソルートウォッカの瓶の生産用に水素燃焼ガラス炉に最近投資したことなどが含まれている。

同社は、2030年までに全体の二酸化炭素排出量を50%削減し、2050年までにネット・ゼロの軌道をたどるという目標を掲げている。Pernod Ricardは今年、2つのサステナビリティ関連債券の発行を完了し、スコープ1および2の温室効果ガス(GHG)排出量の削減と蒸留所での単位あたりの水の消費量を減らすという目標達成に関連した負債コストで約19億ユーロ(約2,616億円)を調達した。

Pernod Ricardは、新しい蒸留所と倉庫で採用する低炭素技術の概要を説明した。再生可能エネルギーで駆動する電極ボイラー、敷地内の電気トラックと施設用車両(これも再生可能エネルギーで駆動)、太陽光と自然光の大規模な利用などがある。

また、原料や樽の調達には地元の農家やサプライヤーと提携し、米国内の同規模の施設としてはLEED認証を取得する予定であるという。

新しい蒸留所の建設は来年早々に開始され、2025年の完成を目標としている。

【参照ページ】
(原文)PERNOD RICARD DOUBLES DOWN ON THE SUSTAINABLE FUTURE OF AMERICAN WHISKEY WITH KENTUCKY INVESTMENT
(日本語参考訳)パーノドリカール、ケンタッキー州への投資により、アメリカンウイスキーの持続可能な未来に向けた取り組みを強化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る