米国内務省、太平洋地域初の洋上風力発電オークションの結果を発表

史上初の米国太平洋岸洋上風力発電オークションで約1,037億円を調達

12月7日、米国内務省(DoI)は、太平洋地域初の洋上風力発電オークションの結果を発表し、カリフォルニア州沖のリースに5社から7億5700万ドル(約1,037億円)超の落札があった。

落札したのは、RWE、Copenhagen Infrastructure Partners、Equinor、Invenergy、そしてOcean Windsとカナダ年金基金投資委員会の共同事業体である。

今回の発表は、バイデン政権が掲げる気候変動対策戦略の重要な要素の一つである再生可能エネルギーの導入規模を拡大するという野心に大きな一歩を踏み出すものである。昨年、バイデン大統領は2030年までに30GWの洋上風力発電設備、2035年までに15GWの浮体式洋上風力発電設備を導入する目標を発表し、2050年までに110GWの洋上風力発電設備への道筋をつけることを目指している。

海洋エネルギー管理局(BOEM)が実施した今回のリース販売では、カリフォルニア州中部および北部の37万エーカー以上の土地が対象となり、150万世帯以上の電力に相当する460万kW以上の洋上風力発電の可能性があるとされる。

カリフォルニア州沖は水深が深いため、これらのリースエリアではいずれも商業規模で展開される浮体式技術を使用する必要がある。これまでの洋上風力発電は浅瀬での開発が中心だったが、浮体式洋上風力発電は、風車を海底に直接設置することで、水深の深い場所や海岸から離れた場所でも風力発電が可能な地域を利用することができるようになる。

今回のリース販売では、浮体式洋上風力発電産業の人材育成を支援するプログラムや、浮体式洋上風力発電の米国内サプライチェーンの発展に貢献することを約束した入札者には、20%のクレジットが付与された。DoIによると、このクレジットにより、これらのプログラムまたはイニシアティブに1億1700万ドル(約160億円)以上の投資が行われる予定である。

【参照ページ】
(原文)Biden-Harris Administration Announces Winners of California Offshore Wind Energy Auction
(日本語参考訳)米国内務省、太平洋地域初の洋上風力発電オークションの結果を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る