FRB、大手銀行に対する気候リスク管理提案を発表

FRB、大手銀行に対する気候リスク管理提案を発表

12月2日、米国連邦準備理事会は、資産規模1,000億ドル(約13.6兆円)超の大銀行が気候関連リスクを管理・モニターするための一連の原則案を発表した。

本提案は、気候関連の金融リスクをより広範なリスク管理の枠組みに組み込もうとする銀行の努力を支援し、FRBの既存の規則や 指針と整合性のある形で、これらのリスクへのエクスポー ジャーを管理するための枠組みを提供することを目的としている。

FRBのガイダンス案は、金融機関にとっての気候変動関連リスクとして、ハリケーンや洪水から海面上昇や熱波に至る気候関連事象による人や財産の損害などの物理的リスクと、気候変動に対処し制限する取り組みに関する政策転換、感情の変化、技術に関する移行リスクの2つの主要な原因を挙げている。

この提案の対象となる銀行のリスクカテゴリーには、信用リスク、流動性リスク、その他の金融リスク、オペレーショナルリスク、法務・コンプライアンスリスク、その他の非金融リスクが含まれる。FRBは現在、本提案に対するパブリックコメントを募集しており、意見募集期間は60日間であるとしている。

【参考ページ】
(原文)U.S. Fed proposes plan for banks to manage climate-linked financial risk
(日本語訳)米連邦準備制度理事会、気候変動に関連する金融リスクを管理するための銀行計画を提案

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る