Deloitte、PACERを買収し、エネルギー転換と気候変動に関する機会を狙う

Deloitte、PACERを買収し、エネルギー転換と気候変動に関する機会を狙う

12月5日、世界的な専門サービスプロバイダーであるDeloitteは、オランダに拠点を置くインフラに特化したエンジニアリングおよびコンサルタント会社PACERの買収を発表した。Deloitteによると、この買収により、同社はインフラや投資プロジェクトに関する責任あるサービスを顧客に全面的に提供することが可能になるとのことだ。

両社は、「エネルギー転換や気候変動への適応など、持続可能性を重視した転換が、今後10年間にオランダ国内外で主要なインフラ、エネルギー、産業プロジェクトの推進力となると予想される」ことを背景に、DeloitteとPACERは、企業や政府のクライアントがこれらのプロジェクトを責任を持って実施できるよう支援する、と述べている。

2007年に設立されたPACERは、プロジェクトマネジメント、契約管理、技術管理(システムエンジニアリング)、環境管理など、幅広いサービスを提供している。PACERの50人のアドバイザーは、ユトレヒトのデロイトオフィスで直ちに業務を開始し、同社はDeloitteのリスクアドバイザリー内の責任あるインフラおよび資本プロジェクトチームの一員となる。

Deloitteは昨年、グローバル・サステナビリティ&クライメート・プラクティスに10億ドル(約1,368億円)を投資する計画を発表し、顧客をサポートし、サステナビリティ関連のニーズに対応する能力、資産、サービスを強化することを発表している。

【参考ページ】
(原文)Deloitte acquires Utrecht-based engineering and consulting firm PACER: Know more
(日本語訳)デロイト、ユトレヒトのエンジニアリング・コンサルティング会社PACERを買収:詳細

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る