Lowe’s、バリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションに取り組む

Lowe’s、バリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションに取り組む

12月5日、ホームセンターのLowe’sは、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションを達成するという目標を含む、一連の新しい気候変動対策へのコミットメントを発表した。

Lowe’sは、本ネットゼロ目標は、Science Based Targets initiative(SBTi)のガイドラインに従って作り、同社は2030年までにScope 1と2の排出量を40%削減し、2021年基準で、より幅広いバリューチェーンにおけるScope 3の排出量を22.5%削減するなどSBTiと連携した気候に関する中間目標にコミットしたと述べた。

同社は、ネット・ゼロ戦略の主要な側面として、業務効率の向上、エネルギー効率や再生可能エネルギーへの投資、車両や施設に関連する排出量を削減する新技術の検討など、自社のフットプリント内での排出量削減への取り組み、ガス駆動の製品からバッテリーや電気製品、エネルギー効率の高い製品への移行など、顧客に提供する持続可能な製品とサービスの拡大、サプライヤーの業務効率の向上、再生可能エネルギーの使用、低炭素イノベーションの促進など上流部門での排出量削減に寄与するサプライヤーとの連携などを挙げている。

【参照ページ】
(原文)LOWE’S SETS GOAL TO REACH NET-ZERO EMISSIONS ACROSS SCOPES 1, 2 AND 3 BY 2050
(日本語訳)ローズは、2050年までにスコープ1、2、3全体でネット・ゼロ・エミッションを達成するという目標を掲げています。

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る