Emerson 、暖房・空調・冷凍事業部門をBlackstoneに売却

 

10月31日、テクノロジー・エンジニアリング・産業用ソフトウェアのグローバル企業Emersonは、同社の暖房・空調・冷凍事業部門Climate Technologiesの株式の過半数を、140億ドル(約2兆円)相当の取引として、Blackstoneへの売却に合意したことを発表した。

HVACとコールドチェーン技術は、温室効果ガス(GHG)排出量に対処し削減する世界的な動きにおいて、ますます中心的な役割を果たすようになってきている。建物は、世界の温室効果ガス排出の大きな要因であり、その長期的な性質から、交換が最も困難なものの一つである。全体として、建物は世界の炭素排出量の約15%に寄与していると推定され、そのうちの約35%は冷暖房が占めている。

EUでは、2030年までにすべての新しい建物をネット・ゼロにすることを義務付ける規則を提案し、バイデン政権では30万の政府ビルからの排出を削減するために数十億ドルの計画を立てるなど、建築環境から生じる排出に対処するためのいくつかの大きなイニシアティブが開始された。

本合意により、EmersonはClimate Technologiesの株式45%を保有し、約95億ドル(約1.4兆円)の税引き前現金収入と22億5000万ドル(約3,400億円)の手形を受け取ることになる。本部門には、Emersonのコープランドコンプレッサー事業と、HVACおよび冷凍エンドマーケットの全製品・サービスのポートフォリオが含まれ、年間売上高は約50億ドル(約7,400億円)である。

【参照ページ】
(原文)Emerson to Sell Majority Stake in Climate Technologies to Blackstone in Transaction Valuing the Business at $14.0 Billion
(日本語訳)Emerson 、暖房・空調・冷凍事業部門 をBlackstone に売却

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る