Emerson 、暖房・空調・冷凍事業部門をBlackstoneに売却

 

10月31日、テクノロジー・エンジニアリング・産業用ソフトウェアのグローバル企業Emersonは、同社の暖房・空調・冷凍事業部門Climate Technologiesの株式の過半数を、140億ドル(約2兆円)相当の取引として、Blackstoneへの売却に合意したことを発表した。

HVACとコールドチェーン技術は、温室効果ガス(GHG)排出量に対処し削減する世界的な動きにおいて、ますます中心的な役割を果たすようになってきている。建物は、世界の温室効果ガス排出の大きな要因であり、その長期的な性質から、交換が最も困難なものの一つである。全体として、建物は世界の炭素排出量の約15%に寄与していると推定され、そのうちの約35%は冷暖房が占めている。

EUでは、2030年までにすべての新しい建物をネット・ゼロにすることを義務付ける規則を提案し、バイデン政権では30万の政府ビルからの排出を削減するために数十億ドルの計画を立てるなど、建築環境から生じる排出に対処するためのいくつかの大きなイニシアティブが開始された。

本合意により、EmersonはClimate Technologiesの株式45%を保有し、約95億ドル(約1.4兆円)の税引き前現金収入と22億5000万ドル(約3,400億円)の手形を受け取ることになる。本部門には、Emersonのコープランドコンプレッサー事業と、HVACおよび冷凍エンドマーケットの全製品・サービスのポートフォリオが含まれ、年間売上高は約50億ドル(約7,400億円)である。

【参照ページ】
(原文)Emerson to Sell Majority Stake in Climate Technologies to Blackstone in Transaction Valuing the Business at $14.0 Billion
(日本語訳)Emerson 、暖房・空調・冷凍事業部門 をBlackstone に売却

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る