カナダとドイツ、COP27に先立ち気候変動に関する報告書を発表

 

10月28日、カナダとドイツがCOP27気候変動会議に先立って発表した新しい報告書によると、先進国が気候変動の緩和と適応のために、途上国側に1,000億ドル(約14.8兆円)の気候変動資金を動員するという世界目標は、2023年に達成され、次の年にはそれを上回る見込みであることが明らかになった。

2023年というマイルストーンは、当初の目標よりも遅れているが、先進国の気候変動資金へのコミットメントが過去数年間で大幅に増加したことを示すものである。

途上国の気候変動対策を支援するため、2020年までに年間1000億ドルを動員するという当初の目標は2009年に発表され、2015年のパリ協定で再確認され、この目標を2025年まで延長することが合意された。しかし、OECDの推計によると、2020年までに年間の気候変動資金の動員は830億ドル(約12兆円)にしか達していない。

COP26会議の最終合意であるグラスゴー気候協定では、2025年まで毎年1000億ドルの目標を完全に達成することが求められ、進捗状況の透明性の必要性が強調された。また、途上国への適応のための気候変動資金の提供を、少なくとも2倍の年間400億ドル(約6兆円)とするよう各国に求めた。

会議では、数カ国が誓約を引き上げ、カナダとドイツは、気候変動資金を軌道に乗せるための計画を実施することを命じられた。

新しいデリバリープランには、先進国が気候変動資金の継続的な拡大を支援するために検討すべき一連の指導原則も含まれており、適応と助成金、透明性、予測可能性、民間資金動員をカバーしている。

【参照ページ】
Climate Finance Delivery Plan Progress Report: collective progress and key actions to reach US$100 billion goal

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る