Trane がAIベースのビル脱炭素ソリューションを発表

9月27日、HVACおよび空調制御ソリューション企業のTrane Technologiesは、ビル所有者の脱炭素化とエネルギー消費の削減を支援することを目的とした、人工知能とクラウドベースのビルシステム最適化ツール「Trane® Autonomous Control Powered by BrainBox AI」を発表した。

ビルは温室効果ガス排出の大きな要因であり、世界の排出量の約15%を占めている。また、その長期的な性質から、代替が最も難しい調達先のひとつである。2019年、Traneは「ギガトン・チャレンジ」を導入し、2030年までに顧客のフットプリントから10億トンの炭素排出量を削減することを目標としている。

Traneによると、新ソリューションはAIを使用して最適化アクションを自動的かつ継続的に特定・実行し、予測的な気象データから居住傾向までさまざまな変数を組み込んで、建物性能と持続可能性の向上を実現する。

同社によると、米国を拠点とする顧客と複数のサイトで新ソリューションをテストした結果、エネルギー性能が大幅に改善され、100以上の施設で二酸化炭素排出量が30%以上削減されたという。

Traneは、新しいソリューションは、持続可能性の目標とともに、ギガトン・チャレンジの目標を直接サポートするものであると述べている。Traneの気候変動目標には、スコープ3排出量、すなわち、同社が直接管理できないバリューチェーンからの排出量を2030年までに55%削減する目標や、同社製品の使用による冷却トンあたりの排出量を97%削減する目標、2050年までに全世界の事業活動における温室効果ガス排出量を90%削減する目標が含まれている。製品の使用とサプライチェーンを含むスコープ3排出量は、同社のカーボンフットプリントの大部分を占めている。

【参照ページ】
(原文)New Trane® Autonomous Control Powered by BrainBox AI® Propels Building Performance and Decarbonization Forward with Artificial Intelligence
(日本語参考訳)Trane がAIベースのビル脱炭素ソリューションを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る