H2グリーンスチール、大規模工場建設に向け2,000億円超を調達

H2グリーンスチール、大規模工場建設に向け2,000億円超を調達

9月7日、脱炭酸鉄鋼の新興企業であるH2グリーンスチールは、15億ユーロ(約2,370億円)の資金を調達したと発表した。調達資金は、従来の高炉技術よりも95%低い排出量で鉄鋼を生産できる世界初の大規模グリーンスチール工場の建設資金に充てられる。

製鉄は世界的にCO2排出量が最も多いセクターのひとつであり、同セクターからの温室効果ガス総排出量(GHG)は、世界の化石燃料使用による直接排出量の7~9%を占めている。

2020年に設立されたH2グリーンスチールは、スウェーデンのボーデンに主力となるグリーンスチール工場を開発中で、本プロジェクトには、鉄鋼生産施設と一体化したギガスケールのグリーン水素プラントが含まれている。同社は、酸化鉄から酸素を除去するためにグリーン電力で製造された水素を採用し、通常発生するCO2排出の大部分を回避する。また、製造工程で発生するエネルギー需要には100%再生可能な資源からの電力を使用する。H2グリーンスチールは、2025年の生産開始を目指し、2030年までに500万トンのほぼ化石燃料を使用しない鉄鋼の生産を計画している。

同社は、メルセデス・ベンツ、BMW、スカニア、世界的な自動車サプライヤーであるZFなどの企業との供給契約を発表している。

今回の第三者割当増資は、新規投資家のHy24が主導し、既存投資家のAltor、GIC、Just Climateとともに行われ、新規投資家のAndra AP – fondenとTemasek、既存投資家のAMF、Cristina Stenbeck、日立エネルギー、IMAS財団、Kinnevik、シェフラー、Vargas、Wallenberg Investments持ち株会社のFAMが参加した。本取引は、今年ヨーロッパで最大規模の第三者割当増資であり、世界的なメーカーがサプライチェーンの脱炭素化を目指すなか、低炭素鋼の需要が今後数年間で大幅に増加すると予想されている。

Hy24は最近、水素インパクトファンド「Clean H2 Infra Fund」のために20億ユーロ(約3,150億円)を調達し、クリーン水素バリューチェーンのみに投資する世界最大のインフラファンドとなった。今回のH2 Green Steelへの投資は、水素インフラファンドとしては最大規模である。

【参照ページ】
(原文)€1.5 billion in equity to build the world’s first green steel plant
(日本語参考訳)H2グリーンスチール、大規模工場建設に向け2,000億円超を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る