マーク・カーニー率いるGFANZが、会員へのゼロエミッション達成の要求事項を取り下げ

マーク・カーニー率いるGFANZが、会員へのゼロエミッション達成の要求事項を取り下げ

10月28日、国連の支援を受け、気候変動に焦点を当てた数兆円規模の金融機関連合であるGlasgow Financial Alliance for Net Zero(GFANZ)は、署名機関に対して国連の気候変動対策キャンペーン「Race to Zero」へのコミットを求めないことを明らかにした。

GFANZのアライアンスに加盟する機関の重要な基準の1つは、「Race to Zero」の最低基準を満たすことを約束することだった。2020年に開始されたRace to Zeroは、2030年までに世界の排出量を半減し、2050年までにネット・ゼロを達成することを約束する企業、都市、地域、投資家のリーダーシップとサポートを結集するためにデザインされたグローバルキャンペーンである。

Race to Zeroのアライメントには、2050年までにネット・ゼロを達成する誓約と2030年の中間目標、目標達成に必要な行動の説明、目標に対する進捗状況の報告など、厳しい要件が設けられている。

今年に入り、Race to Zeroは加盟基準を強化し、キャンペーン参加後12カ月以内に移行計画を発表すること、すべての排出範囲でネット・ゼロを達成することを約束することを追加した。この「すべての排出範囲」の要件には、金融機関の融資による排出とポートフォリオ排出が含まれている。また、この要件は、メンバーが新たな化石燃料資産の開発および融資を行うことを制限するものであった。

さらに、新しい基準では、ロビー活動やアドボカシー活動をネット・ゼロに整合させ、国や地方レベルでキャンペーンと整合性のある気候政策を積極的に支持することも求められた。

厳しいRace to Zeroの基準は、GFANZの多くのメンバーがグループに残ることを脅かすと言われている。過去数ヶ月間のエネルギー安全保障への懸念により、不足と価格高騰の恐れがあるため、化石燃料企業への融資能力が制限されること、また、ロビー活動の要件や化石燃料関連の基準が金融機関の受託者責任に抵触する可能性があるという懸念により、法的問題が発生する可能性があること、がその理由だ。GFANZの運営委員会のメンバーであるBlackRockに対する書簡の中で、複数の米国連邦検事総長の主な主張の一つは、同社の本イニシアティブへのコミットメントは受託者としての役割に合致していない、というものだった。

GFANZの広報担当者は、今回の変更について、「GFANZの提言が、ネット・ゼロの実施を引き続き支援する中で、地域の状況や、金融セクターに特有の監督、規制、法的義務を確実に反映するのに役立つだろう」と指摘した。実施は、金融、科学、学術、ビジネス、公的セクター、市民社会からの幅広いガイダンスと専門知識を必要とする重要なステップである。

【参照ページ】
(原文)GFANZ’s decision to drop Race to Zero requirements sparks concerns
(日本語訳)GFANZのRace to Zero要件削除の決定が、懸念を呼ぶ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る