Robeco、新たな株式戦略で生物多様性投資の「大きな機会」に照準

Robeco、新たな株式戦略で生物多様性投資の「大きな機会」に照準

10月21日、国際的な資産運用会社であるRobecoは、「RobecoSAM Biodiversity Equities」の立ち上げを発表した。これは、自然に配慮した世界へと移行することで利益を得ることができる企業に向けた新しい株式戦略だ。

新戦略の投資対象には、天然資源や生態系サービスの持続可能な利用を支援することで生物多様性を保護・促進する企業や、生物多様性への脅威の軽減や自然生息地の回復に役立つ技術・製品・サービスなどが含まれる予定である。

WEFは、生物多様性の損失を気候変動や異常気象に次ぐグローバルリスクの第3位に位置づけており、世界の経済生産の半分以上が中程度または高度に自然に依存していることから、世界の経済・金融システムを脅かしていると指摘している。

また、WEFは、生物多様性に配慮した投資について、10兆ドル(約1,470兆円)以上と推定される「巨大な機会」を強調した。この機会は、主に食料、インフラ、エネルギーシステムを変革することによって現れるものであり、これらは合わせて自然損失の約80%を占めている。

Robecoは、生物多様性の損失の減少を止めるために、ソリューションを特定することを目指し、「人間の活動により、森林や植物、動物の自然生息地が日々破壊されている」といった課題に取り組むと述べている。

約250社のテーマ別ユニバースから、Robecoは、より持続可能な陸と海の活動をターゲットとした4つの投資クラスターに戦略を整理すると述べている。森林・林業、耕作地、都市環境を対象とした「持続可能な土地利用」、汚染防止・浄化・処理、生息地保護などの「淡水ネットワーク」、漁業養殖、海洋保護などの「海洋システム」、食品・繊維・原材料などの「トレーサブル製品」がその対象となる。

Robecoは、今回の発売について、「環境・気候関連銘柄全般への投資ではなく、テーマを絞ったスタイルで生物多様性を特に推進する商品を作るための1年以上の作業の集大成」と述べている。同社は1月に生物多様性へのアプローチをまとめたポジションペーパーを発表し、8月にRobecoは新戦略のシニア・ポートフォリオ・マネジャーとしてDavid Thomasを採用したと発表した。

【関連記事】
Robeco、生物多様性に関するホワイトペーパーとWWFオランダとの提携を発表

【参照ページ】
Robeco to launch Biodiversity Equities strategy

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る