BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡大を目的とした2人の幹部人事を発表した。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)グローバルチェアで元CEOのリッチ・レッサーを気候・サステナビリティ担当副会長兼シニアアドバイザーに、ジェフ・ジョンソンを気候変動事業を率いるジェネラルパートナーに任命した。

フェイスブックの共同創業者エドゥアルド・サヴェリンと元ベインキャピタルのラジ・ガングリーが2015年に立ち上げたBキャピタルは、テクノロジー、ヘルスケア、気候変動分野を中心に、シードからレイトステージのベンチャー成長投資に注力している。BCGはBキャピタル立ち上げ時の創業パートナーであり、コンサルティング大手であるBCGは同社と戦略的パートナーシップを維持し、投資先企業に対し、事業を加速・発展させるためのインサイト、ガイダンス、プログラム、エンゲージメント、事業開発サービスへのアクセスを提供している。

本気候変動プラットフォームは、ネットゼロ目標の達成に取り組む成長企業への投資と支援を行っている。近年の気候関連技術への投資には、炭素クレジット市場に特化した新興企業Patchや、不動産脱炭素ソリューション・プロバイダーのAccaciaなどがある。

BCGでの現職も継続するレッサーは、2013年から2021年までBCGのCEOを務め、BCG気候・サステナビリティ・センターを立ち上げ、企業や政府が持続可能性へのコミットメントや脱炭素化への取り組みを行動に移せるよう支援することを目的とした。BCGとBキャピタルの連携強化に加え、気候・サステナビリティ分野におけるBキャピタルの戦略的方向性の推進に貢献する。

ジョンソンはシンガポールを拠点とする投資会社テマセクからBキャピタルに入社し、マネージング・ディレクターとして米国を拠点とするサステナブル投資チームを率いた。ジョンソンは、Bキャピタルがさらにチームを強化する中で、気候変動事業を指揮する。

【参照ページ】
(原文)B Capital Builds a World-Class Climate Investment Platform
(日本語参考訳)Bキャピタル、国際的気候投資プラットフォームを構築

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る