国際オリンピック委員会、Climate Action Awardsを創設

国際オリンピック委員会、Climate Action Awardsを創設

11月10日、国際オリンピック委員会(IOC)は、気候変動に対応するインパクトのあるプロジェクトを行った国内オリンピック委員会(NOC)、国際競技連盟(IF)、オリンピアン・パラリンピアンを表彰する「Climate Action Awards」の創設を発表した。

ワールドワイドオリンピック・パラリンピックパートナー(TOP)のAirbnb、P&G、Deloitteが支援するClimate Action Awardsは、NOC、IF、アスリートが二酸化炭素排出量を管理し、環境に与える影響を理解することを支援する。

Climate Action Awardsは、3つのカテゴリーのアクションに焦点を当て、それぞれが関連するTOPパートナーによってサポートされる。

Airbnbが支援する「Climate Action x Sustainable Travel」は、スポーツカレンダーの枠組みの中で、より持続可能な旅行をするための革新的な行動や提唱を評価する。

P&Gが支援する「Climate Action x Athlete Advocacy」は、市民活動へのコミットメントを称え、人々やコミュニティが行動を起こせるようにするための気候変動への提言に特に重点を置いている。

デロイトが支援する「Climate Action x Innovation」は、より持続可能な未来のために、排出量の削減に焦点を当てたイノベーションと教育への取り組みを評価する。

Climate Action Awardsの応募は、2023年3月まで受け付けている。また、各賞には、選ばれた慈善団体や持続可能性・リーダーシップコースに贈られる賞金、旅費に充てられるクレジットのいずれかが付属している。受賞したアスリートや団体は2023年に開催される授賞式に招待される。応募には、国連気候変動対策のためのスポーツフレームワークへの参加を確約することが条件となっている。

IOC Climate Action Awardsは、2022年に20団体の排出量削減への取り組みを表彰した旧カーボンアクション賞の成功に基づいている。

【参照ページ】
IOC launches Climate Action Awards

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る