ティファニー 、科学的根拠に基づく気候変動目標の達成を約束

ティファニー 、科学的根拠に基づく気候変動目標の達成を約束

11月17日、ティファニーは、Science Based Targets Initiative(SBTi)の ネット・ゼロ・スタンダードに基づき、2040年までに自社の事業(スコープ1および2)およびサプライチェーン(スコープ3)において温室効果ガス(GHG)排出をネット・ゼロにすることを約束し、気候変動対策への取り組みを加速する計画を発表した。

本目標を達成するため、ティファニーは、SBTiのネット・ゼロ・スタンダードに沿った2030年の短期的なGHG削減目標を設定した。2030年までに、同社はスコープ1と2の排出量を70%削減する。これらは、店舗、配送センター、製造、オフィスなど、ティファニー自身の事業から発生する排出量である。また、同社のサプライチェーンで発生し、フットプリントの大部分を占めるスコープ3の排出量を40%削減する。この短期的な目標は、2040年までにスコープ1、2、3の排出量を90%削減するという、ティファニーのネット・ゼロ目標に向けた重要なマイルストーンとなる。残りの10%は、ティファニーの自然を利用したソリューションへの投資拡大による、質の高い炭素除去によって中和される予定である。同社の目標は、すべて2019年を基準年として測定されており、2022年9月にSBTiに提出され、審査を受けている。

ティファニーの目標であるネット・ゼロの達成には、バリューチェーン全体の関与と脱炭素化が必要である。原材料の調達やサプライヤーとのエンゲージメントから、製品の製造や輸送、小売店やオフィスの運営、従業員の移動に至るまで、意欲的な新目標を達成するために深くかつ迅速な排出量削減に注力する予定である。

【参照ページ】
(原文)Tiffany & Co. Commits to Science-Based Climate Targets
(日本語訳)ティファニー 、科学的根拠に基づく気候変動目標の達成を約束

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る