GoogleとLevelTen、クリーンエネルギー購入案件を80%加速するプロセスを試験的に導入

GoogleとLevelTen、クリーンエネルギー購入案件を80%加速するプロセスを試験的に導入

3月20日、Googleはクリーンエネルギーの購入プロセスを大幅に加速し、企業の脱炭素化目標の実行を支援するため、再生可能エネルギー取引インフラプロバイダーのLevelTen Energyとの協業により、電力購入契約(PPA)のRFPプロセスをより迅速かつ容易に開発したことを発表した。

Googleによると、より標準化された本ソリューションは、クリーンエネルギーPPAの交渉と実行にかかる時間を約80%短縮し、クリーンエネルギーの導入を加速させ、新しい買い手に市場を開放することができるという。

Googleの親会社であるAlphabetは、2020年に24/7カーボンフリーエネルギー(CFE)の野望を発表し、2030年までにカーボンフリーエネルギーで事業全体を運営することを目指しており、同社は、主要都市と提携して24/7CFEへの移行を支援したり、企業、政府、その他の関係者と協力して世界の電力システムの完全脱炭素化に不可欠な政策を制定する「24/7カーボンフリーエネルギー・コンプパクト」を立ち上げたりするなど、他の組織によるクリーンエネルギーの導入を促進する取り組みを積極的に進めている。

GoogleとLevelTenは、クリーンエネルギーの購入プロセスを遅らせ、複雑にしている主要な問題のいくつかに対処するアプローチを試験的に導入している。RFP交渉プロセスは、Googleによると、”長く、複雑で、買い手と売り手それぞれに特有のもの “で、「10ヶ月から1年以上も長引き、買い手と売り手の両方のコストを増大させる」可能性がある。また、交渉が長期化することに加え、クリーンエネルギー・プロジェクトの開発を遅らせる可能性もあり、両社は、売り手は通常、プロジェクトに投資する前にPPAを確定させる必要があると指摘している。

これらの問題に対処するため、新しいアプローチでは、より迅速で簡単なRFPプロセスを開発し、売り手がリスクを相殺する方法を柔軟にカスタマイズできるようにし、提案書を提出する際にその条件に同意するよう求める機能を備えた。また、売り手が自分の提案がどのように評価されているかをリアルタイムで確認できる透明性を設け、交渉に入るリスクを軽減し、売り手は交渉中に変わり得る条件を推測するのではなく、最終的な契約の詳細に基づいて価格を作成できるようにしている。また、GoogleとLevelTenは、「すでにリスクバランスが取れている」PPAを設計し、交渉の長期化を回避できるようにした。

【参照ページ】
(原文)Biden uses first veto to defend rule on ESG investing
(日本語参考訳)GoogleとLevelTen、クリーンエネルギー購入案件を80%加速するプロセスを試験的に導入

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る