プラネット・トラッカー、アパレル企業の水リスクを評価

英金融シンクタンクNGOのプラネット・トラッカーは3月26日、アパレル企業が直面している水リスクを評価できるインタラクティブ・ダッシュボードを公開した。

プラネット・トラッカーは当ダッシュボードにて2つのオープンアクセス・ソースを使用している。

一つはWRI Aqueduct 4.0だ。 世界資源研究所が管理するこのソースは、世界中の流域別に水関連の指標を多数提供している。Aqueduct内のWater Risk Atlasは、ベースラインと現在の数値、2080年までの将来予測をカバーしている。

もう一つはOpen Supply Hubだ。このソースはグローバル・サプライチェーンに透明性をもたらすために2019年に誕生したイニシアチブで、特に繊維のバリューチェーンに焦点を当てている。Open Supply Hubはデータベースに10万以上のアパレル施設を登録している。

当ダッシュボードは約800ブランドの情報が反映されている地理的なスナップショットを提供する。ユーザーは以下の基準で選択基準を変えることができる。

  • 特定のブランド
  • 特定の地域に本社を置くブランドグループ(例:北米ブランドと欧州ブランド)
  • 2022年の売上高によるブランドグループ

このソート機能により、ユーザーは以下のことが可能になる。

  • アパレル施設の所在地を特定すること
  • 現在および予測される水ストレスの強度を決定すること
  • 直面する水ストレスの集約と増加予測(例:ブランドのフットプリントにおける水ストレスの増加予測%)

【参照ページ】
(原文)Apparel Facilities and Water Exposure
(日本語参考訳)プラネット・トラッカー、アパレル企業の水リスクを評価

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る