フィリップス66、再生可能燃料のみを生産する製油所に転換

フィリップス66、再生可能燃料のみを生産する製油所に転換

4月1日、エネルギー製品メーカーのフィリップス66は、カリフォルニア州ロデオにあるサンフランシスコ製油所を再生可能原料のみの処理に転換し、現在日量約3万バレルの再生可能ディーゼルを生産していると発表した。商業規模の生産は、世界最大級の再生可能燃料施設を運営するプロジェクトの重要なマイルストーンとなる。

同社は2022年に、同製油所をロデオ再生可能エネルギー・コンプレックスに転換する計画を発表しており、この計画では原油を処理せず、代わりに廃油、油脂、植物油を使用して、再生可能ディーゼル、再生可能ガソリン、持続可能な航空燃料(SAF)を含む再生可能輸送用燃料を年間8億ガロン(日量5万バレル以上)生産する。

フィリップス66は、同施設は第2四半期末までに年間8億ガロンの再生可能燃料生産量を達成する予定であると述べた。同社はまた、この施設では、持続可能な航空燃料の主要成分である再生可能ジェット燃料の生産を第2四半期に開始する予定であると付け加えた。

【参照ページ】
(原文)Phillips 66 Announces Major Milestone in Production of Renewable Diesel
(日本語参考訳)フィリップス66、再生可能ディーゼル生産で大きなマイルストーンを達成

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る