Iceberg Data Labが事業拡大のため約15億円を調達

気候・生物多様性データプロバイダーIceberg Data Labが事業拡大のため約15億円を調達

4月3日、環境データプロバイダーのアイスバーグ・データ・ラボ(IDL)は、シリーズA資金調達ラウンドの第1回クローズで1,000万ドル(約15億円)を調達したと発表した。調達資金は同社の事業拡大支援と製品提供の強化を目的としている。

2019年に立ち上げられたパリを拠点とするアイスバーグ・データ・ラボは、AIとビッグデータを活用し、投資先企業のカーボンフットプリントや生物多様性フットプリントなどの環境指標を測定・監視し、投資の影響を分析するデータソリューションを金融機関に提供している。同社のプラットフォームは、世界の主要金融機関50社以上に利用されており、HSBC、BNPパリバ、ユーロネクストなどの企業の商品に採用されている。

IDLによると、今回の資金調達は、EUのCSRDおよび森林減少規制(EUDR)や、最近発表された自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)の勧告を含む環境規制の急増により、金融機関がよりアクセスしやすく、信頼性が高く、質の高い環境データをますます必要としていることを背景としている。

新資本は、IDLのプレゼンスを世界的に拡大し、英国を含む主要な戦略的市場に注力し、製品パイプラインを開発し、最新技術に投資して同社のクライアント・ソリューションの提供を強化するために使用されると同社は述べている。

今回のラウンドは、ベンチャーキャピタル投資家のBeringeaが主導し、フランスのVCファンドMAIF AvenirとAXA Investment Managers、その他の既存投資家が追加資金を提供した。同社はシリーズAの最終クロージングを1100万ドル(約17億円)としている。

【参照ページ】
(原文)Iceberg Data Lab secures $10m in Series A funding round led by Beringea
(日本語参考訳)アイスバーグ・データ・ラボ、Beringeaが主導するシリーズA資金調達ラウンドで1000万ドルを確保

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る