Climate Central、WeatherPowerレポートを発行

Climate Central、WeatherPowerレポートを発行

2月22日、Climate Centralは2022年のWeatherPowerレポートを発行した。本レポートによると、2022年の風力と太陽光による電力は2021年に比べて16%増加したという。これは68万ギガワット時以上の電力に相当し、アメリカの平均的な家庭6400万軒分の電力に相当する。

風力発電で最も多かったのは、テキサス州であった。テキサス州は130メガワットアワー(MWh)近い電力を生産し、次いでアイオワ州が48MWhを超えトップ3に入った。

風力発電は、春と秋にピークを迎え、対照的な気団や強い気象系が風を起こすため、発電量が多くなる。2022年3月29日、風力は国内第2位のエネルギー源となった。

カリフォルニア州は、58MWh以上の電力を生産し、太陽光発電をリードしている。テキサス州は23MWhで2位にランクインしており、本リストにも含まれている。サンシャイン・ステートであるフロリダ州は、13MWh以上で3位にランクインしている。

夏が太陽光発電にとって最も生産性の高い季節である。太陽の光が最も直接当たるのは6月中旬の夏至の頃で、アメリカ南部で最も強くなる。

風力発電や太陽光発電の発電量は、最終的には天候によって決まるが、Climate Centralによると、コストが下がるにつれて、これらの電源による発電能力は年々高まっている。

米国エネルギー情報局によると、電力会社などの事業体が発電する公益事業規模の風力発電は、2023年には35ギガワット増加すると言う。これは、2022年から15%近く増加する容量で、その多くは太陽光発電プロジェクトによるものである。

【参照ページ】
WeatherPower Year in Review: 2022

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る