アラスカ航空、バイオ燃料メーカーGevoと1億8500万ガロンのSAFを契約

8月3日、アラスカ航空は、バイオ燃料メーカーのGevoとの間で、これまでで最も重要な持続可能な航空燃料(SAF)に関する契約を締結したと発表した。本契約により、Gevoは2026年から5年間にわたり、年間3700万ガロンのSAFを供給する。

Gevoは、高タンパク質動物飼料の生産に使用されたフィールドコーンからの廃棄でんぷんや糖分を利用して燃料を生産している。これらの廃棄物をアルコールに発酵させ、独自のプロセスで再生可能なジェット燃料に化学変換している。Gevoとアラスカ航空は2016年に提携し、民間航空会社のフライトで使用するために指定された初のセルロース系再生可能ジェット燃料の使用を実証したこともある。

本発表は、アラスカ航空が2040年までに炭素排出量をネット・ゼロにすることを含む、一連のサステナビリティに関する公約を発表したことを受けたものだ。また、2021年には、同航空のネット・ゼロ・エミッション目標の推進に役立つ技術を対象とした投資部門、アラスカ・スター・ベンチャーズを立ち上げている。

【参照ページ】
(原文)Alaska Airlines makes significant investment in Sustainable Aviation Fuel
(日本語訳)アラスカ航空、Gevoと1億8500万ガロンの持続可能な航空機用燃料の契約を締結

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る