アラスカ航空、バイオ燃料メーカーGevoと1億8500万ガロンのSAFを契約

8月3日、アラスカ航空は、バイオ燃料メーカーのGevoとの間で、これまでで最も重要な持続可能な航空燃料(SAF)に関する契約を締結したと発表した。本契約により、Gevoは2026年から5年間にわたり、年間3700万ガロンのSAFを供給する。

Gevoは、高タンパク質動物飼料の生産に使用されたフィールドコーンからの廃棄でんぷんや糖分を利用して燃料を生産している。これらの廃棄物をアルコールに発酵させ、独自のプロセスで再生可能なジェット燃料に化学変換している。Gevoとアラスカ航空は2016年に提携し、民間航空会社のフライトで使用するために指定された初のセルロース系再生可能ジェット燃料の使用を実証したこともある。

本発表は、アラスカ航空が2040年までに炭素排出量をネット・ゼロにすることを含む、一連のサステナビリティに関する公約を発表したことを受けたものだ。また、2021年には、同航空のネット・ゼロ・エミッション目標の推進に役立つ技術を対象とした投資部門、アラスカ・スター・ベンチャーズを立ち上げている。

【参照ページ】
(原文)Alaska Airlines makes significant investment in Sustainable Aviation Fuel
(日本語訳)アラスカ航空、Gevoと1億8500万ガロンの持続可能な航空機用燃料の契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る