Citi、アジア太平洋地域で持続可能な預金ソリューションを開始

8月3日、Citiは、アジア太平洋地域の顧客が余剰資金をサステナビリティの目標に沿って投資できるようにすることを目的とした、新しいサステナブル定期預金(TD)ソリューションの提供を開始したことを発表した。

本預金ソリューションは、まずシンガポールと香港で提供され、その資金はシティのサステナブルファイナンスのフレームワークの基準に沿って、グリーンファイナンスやソーシャルファイナンスプロジェクトのポートフォリオの資産に割り当てられ、同時に競争力のある利回りを実現する。

この預金を通じて融資される環境プロジェクトには、再生可能エネルギー、エネルギー効率、持続可能な輸送、グリーンビルディング、水質と保全が含まれる。社会的プロジェクトは、安価な基本インフラへのアクセス拡大、ヘルスケア、教育、手頃な価格の住宅、起業家や小規模農家への融資などの基本的なサービスを対象とする予定だ。

今回の新サービスは、Citiが顧客のサステナビリティの目標や取り組みを支援するために導入した一連のソリューションの最新版となる。Citiは5月に、英国、アイルランド、アブダビを含む地域で、初の持続可能な預金ソリューションを開始することを発表した。今年初めには、調達資金がサステナビリティに焦点を当てた目的に使用される場合、有利な価格設定でサステナブル貿易・運転資本ローン(T&WCローン)の提供を開始すると発表し、同行は最近サステナビリティと連動したサプライチェーン・ファイナンス・プログラムを展開した。Citiは、サステナブルファイナンス活動を大幅に拡大し、2030年までに1兆ドル(約135兆円)のサステナブルファイナンスを促進することを公約している。

【参照ページ】
(原文)Citi Unveils Sustainability-linked Deposit Solution for Corporate & Institutional Clients in Asia Pacific
(日本語訳)Citi、アジア太平洋地域で持続可能な預金ソリューションを開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る