Citi、アジア太平洋地域で持続可能な預金ソリューションを開始

8月3日、Citiは、アジア太平洋地域の顧客が余剰資金をサステナビリティの目標に沿って投資できるようにすることを目的とした、新しいサステナブル定期預金(TD)ソリューションの提供を開始したことを発表した。

本預金ソリューションは、まずシンガポールと香港で提供され、その資金はシティのサステナブルファイナンスのフレームワークの基準に沿って、グリーンファイナンスやソーシャルファイナンスプロジェクトのポートフォリオの資産に割り当てられ、同時に競争力のある利回りを実現する。

この預金を通じて融資される環境プロジェクトには、再生可能エネルギー、エネルギー効率、持続可能な輸送、グリーンビルディング、水質と保全が含まれる。社会的プロジェクトは、安価な基本インフラへのアクセス拡大、ヘルスケア、教育、手頃な価格の住宅、起業家や小規模農家への融資などの基本的なサービスを対象とする予定だ。

今回の新サービスは、Citiが顧客のサステナビリティの目標や取り組みを支援するために導入した一連のソリューションの最新版となる。Citiは5月に、英国、アイルランド、アブダビを含む地域で、初の持続可能な預金ソリューションを開始することを発表した。今年初めには、調達資金がサステナビリティに焦点を当てた目的に使用される場合、有利な価格設定でサステナブル貿易・運転資本ローン(T&WCローン)の提供を開始すると発表し、同行は最近サステナビリティと連動したサプライチェーン・ファイナンス・プログラムを展開した。Citiは、サステナブルファイナンス活動を大幅に拡大し、2030年までに1兆ドル(約135兆円)のサステナブルファイナンスを促進することを公約している。

【参照ページ】
(原文)Citi Unveils Sustainability-linked Deposit Solution for Corporate & Institutional Clients in Asia Pacific
(日本語訳)Citi、アジア太平洋地域で持続可能な預金ソリューションを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る