WWF、日本、韓国、ASEAN6ヶ国の46銀行の状況評価を発表

WWFのSUSBA、46銀行の状況を評価

1月12日、国際環境NGO世界自然保護基金(WWF)の銀行サステナブルファイアンス評価プログラム「Sustainable Banking Assessment(SUSBA)」は、日本、韓国、ASEAN6ヶ国の合計46銀行の状況を評価した2022年度結果を発表した。

本報告書によると、2050年までにネット・ゼロ・ファイナンス排出量を達成することを約束したアジアの銀行は、2021年の7銀行(15%)から2022年には18銀行(39%)に増加したとのことだ。しかし、本報告書では、大手銀行は環境・社会リスク管理の方針とプロセスの強化を続けているものの、評価対象となった銀行の半数は2021年以降ほとんど進展していないことも判明している。

同様に、自然関連リスクに関しても、銀行は認識とコミットメントを超え、方針の中でこれらのリスクを管理する能力を拡大する必要がある。報告書では、銀行のサステナビリティ戦略、ステークホルダー・エンゲージメント、環境・社会問題に関する公表、顧客に対するリスク評価、スタッフのサステナビリティ研修、目標の開示など、多岐にわたって評価を行っている。

評価対象となった46銀行のうち、11銀行がパーム油政策を開示しており、3銀行しか報告していなかった2021年から改善されている。

一方、世界の温室効果ガス排出量の4分の3を占めるエネルギー分野では、規制当局の現在のインセンティブに関わらず、より多くの銀行がエネルギーポートフォリオの転換に向け、科学的根拠に基づく目標を設定する必要性が強調された。WWFシンガポールによると、評価対象となった国々の規制当局のほとんどは、銀行に対して科学的根拠に基づく目標の設定や移行計画の策定をまだ求めていないことが明らかになった。

【参照ページ】
(原文)WWF-Singapore’s Sustainable Banking Assessment 2022 finds that despite increasing net-zero commitments, Asian banks also need to focus on nature-related risks
(日本語参考訳)WWFシンガポールの「持続可能な銀行評価2022」によると、ネットゼロへの取り組みが増える一方で、アジアの銀行も自然関連リスクに注目する必要があることが明らかになりました。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る