マレーシア、EUの新法に反発するため、パーム油輸出を停止すると発表

マレーシア、新たな規制によりEUへのパーム油輸出を停止する可能性があると発表

1月12日、マレーシアは、パーム油の販売を厳しく規制することで森林保護を目的としたEUの新法に対応するため、EUへのパーム油の輸出を停止する可能性があると発表した。この法律は、森林破壊に関連するパーム油やその他の商品の販売を禁止するもので、輸入業者が特定の商品の生産が森林を破壊していないことを示さない限り、販売を禁止するものである。

EUはパーム油の主要な輸入国であり、12月に合意されたこの法律は、主要生産国であるインドネシアとマレーシアから反発を招いている。

環境保護活動家は、東南アジアの熱帯雨林の伐採が横行しているとしてパーム油産業を非難しているが、インドネシアとマレーシアは、すべてのプランテーションに持続可能性の認証基準を義務付けることにしている。

EUのパーム油の需要は、新法が合意される前から、今後10年間で大幅に減少することが予想されていた。2018年、EUの再生可能エネルギー指令は、森林破壊との関連が指摘されていることから、2030年までにパーム由来の輸送用燃料を段階的に廃止するよう求めている。

【参考ページ】
(原文)MPOB to hold Palm Oil Economic Review and Outlook Seminar 2023 on Jan 12
(日本語参考訳)MPOB、「パーム油経済レビュー&アウトルックセミナー2023」を1月12日に開催

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る