フランス政府、「修理ボーナス」制度の運用を開始

12月13日、フランス政府は、サーキュラーエコノミー形成推進法(AGEC)に基づく、「修理ボーナス」制度の運用を開始した。本制度は、認定ラベルを取得した修理事業者の下で消費者が修理すると、修理代金に対し定額が支給されるシステム。

AGECにより規定されたこの 「修理ボーナス」制度は、消費者が新しいものを購入するのではなく、壊れた電気・電子機器を修理してもらうためのものである。2020年には、壊れた電気・電子機器のうち、修理されるのは40%に過ぎなかった。この傾向を変えるため、政府は、修理保証と修理費用の削減の恩恵を受けることができるよう、ラベル付き修理ポイントの設立を決定した。

調査によると、フランス人の53%が、修理は新品を買うより高い場合があると考えているという。エコノミーな「修理ボーナス」制度の目的は、修理を簡素化し、製品の寿命を延ばし、過剰消費に対抗することで地球の保護にある。

【参照ページ】
(原文)Lancement du “bonus réparation” pour les appareils électriques et électroniques
(日本語参考訳)電気・電子機器の「リペアボーナス」開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る