フランス政府、「修理ボーナス」制度の運用を開始

12月13日、フランス政府は、サーキュラーエコノミー形成推進法(AGEC)に基づく、「修理ボーナス」制度の運用を開始した。本制度は、認定ラベルを取得した修理事業者の下で消費者が修理すると、修理代金に対し定額が支給されるシステム。

AGECにより規定されたこの 「修理ボーナス」制度は、消費者が新しいものを購入するのではなく、壊れた電気・電子機器を修理してもらうためのものである。2020年には、壊れた電気・電子機器のうち、修理されるのは40%に過ぎなかった。この傾向を変えるため、政府は、修理保証と修理費用の削減の恩恵を受けることができるよう、ラベル付き修理ポイントの設立を決定した。

調査によると、フランス人の53%が、修理は新品を買うより高い場合があると考えているという。エコノミーな「修理ボーナス」制度の目的は、修理を簡素化し、製品の寿命を延ばし、過剰消費に対抗することで地球の保護にある。

【参照ページ】
(原文)Lancement du “bonus réparation” pour les appareils électriques et électroniques
(日本語参考訳)電気・電子機器の「リペアボーナス」開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る