True Green Capital Management、再生可能エネルギー・インフラファンドのために約878億円を調達

6月6日、再生可能エネルギーインフラに特化したプライベートエクイティファンドマネージャーのTrue Green Capital Management(TGC)は、トゥルーグリーン・キャピタル・ファンドIVの最終クローズを行い、目標額の5億ドル(約665億円)を上回る6億6,000万ドル(約878億円)の資金コミットメントを獲得したことを発表した。

TGCは、米国の分散型・商業用・産業用(C&I)太陽光発電プロジェクト、バッテリー、マイクログリッドに投資しており、英国やEUにも重点を置きつつある。同社の既存の投資ポートフォリオには、商業用および準事業用規模の太陽光発電所があり、2011年以降、合計12億ドル(約1,596億円)以上の資金を投入し、14州において約520MWのポートフォリオを構築している。

TGCは2017年に前身ファンドを約3億5,200万ドル(約468億円)でクローズし、現在は全額を投資している。新ファンドは、機関投資家に対して、米国および欧州の太陽光発電市場の中で最も複雑だが収益性の高い可能性のあるセグメントの1つであるC&I太陽光発電市場への参加能力を提供する。

ファンドIVのリミテッドパートナーには、米国の公的年金や企業年金、オランダの年金、米国と英国の保険会社、寄付金、財団、グローバルアセットマネージャー、ウェルスマネージャー、ファンドオブファンズ、ファミリーオフィスなどが含まれる。

【参照ページ】
(原文)True Green Capital Management Closes Fourth Fund at over $650 Million Exceeding its $500 Million Target
(日本語訳)True Green Capital Management、再生可能エネルギー・インフラファンドのために6億5千万ドル以上を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る