Rio TintoとSalzgitter、グリーン製鉄・パートナーシップを締結

6月7日、Rio Tinto(リオティント)と鉄鋼メーカーのSalzgitter(ザルツギッター)は、カーボンフリー製鉄に向けて、新たなパートナーシップを締結したことを発表した。両社は、リオティント社の鉄鉱石ペレット、塊鉱、微粉末を、ザルツギッター社がドイツで展開するSALCOSグリーン・スチールプロジェクトで使用するための最適化を検討することに合意し、新たに覚書を締結した。

鉄鋼は、世界でも有数のCO2排出量の多い産業であり、その温室効果ガス排出量は、化石燃料の使用による直接排出量の7-9%を占めている。世界のメーカーがサプライチェーンの脱炭素化を目指す中、化石燃料を使わないエネルギーで生産される鉄鋼の需要は大きく伸びると予想されている。

ザルツギッターがドイツで進めているSALCOS グリーン・スチール プロジェクトでは、高炉で使用される石炭の代わりに、水素を利用して鉄鉱石を加熱する水素直接還元法により、実質的にカーボンフリーな鉄鋼生産を目指している。ザルツギッターは、早ければ2026年に最初の直接還元プラントの稼働を目指し、炭素を使用する高炉ルートを順次直接還元プラントで置き換えていく予定だ。

【参照ページ】
(原文)Rio Tinto and Salzgitter sign MOU to study using Rio Tinto iron ore in green steelmaking
(日本語訳)Rio TintoとSalzgitter、グリーン製鉄・パートナーシップを締結

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る