Grey Rock、炭素分離回収の開発会社Vaultに約200億円を投資

6月6日、プライベート・エクイティ投資会社であるGrey Rockは、炭素分離回収・貯留開発会社であるVault CCS Holdingsへの支配的投資と同社の成長資金として、最大1億5千万ドル(約200億円)の資本参加を行うことに合意したと発表した。

炭素回収・貯留(CCS)とは、産業界から排出されるCO2を回収し、そのCO2を液化して地下に永久的に貯留し、大気中に放出されるはずだったCO2の量を削減するプロセスだ。

Vault(ヴォルト)は、米国中西部のエタノール工場でCCSプロジェクトのプラットフォームを構築している。これらのプロジェクトは、それぞれ年間20万から50万トンのCO2を排出している。また、ヴォルトは、カナダにおけるいくつかの初期段階の自動車540万台分のCO2削減に相当するCCSプロジェクトのポジションを確保している。

同社は、今回の出資により、CCSプロジェクトの短期パイプラインと、CCS分野におけるさらなるビジネスチャンスの開拓に取り組んでいくという。

【参照ページ】
(原文)Grey Rock Forms Partnership With Vault to Grow Their Carbon Capture and Sequestration Platform
(日本語訳)Grey Rock、炭素分離回収の開発会社Vaultに1億5千万ドルを投資

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る