WBCSDとMovin’On、持続可能なモビリティに向けたパートナーシップを発表

9月14日、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)とタイヤメーカーMichelinのサステナブル・モビリティ子会社Movin’Onは、1.5℃シナリオに沿った持続可能なモビリティへの移行をグローバルに加速させるための新しいパートナーシップを発表した。両団体は、モビリティの脱炭素化を達成するため、それぞれのネットワークと強みを活かして協働し、より大きなインパクトを与えることを目指している。

本パートナーシップにより、WBCSDはMovin’Onの企業諮問委員会に参加する。WBSCDが交通分野における新しいパイロットプロジェクトを試み、それをMovin’Onのパートナーが開発・展開するという関係を築く。

フランスのタイヤメーカーであり、WBCSDのメンバー企業であるミシュランによって設立されたMovin’Onは、企業・市民社会・学術界・公共部門から300人のステークホルダーを集め、よりクリーンで安全・より包括的かつ効率的に移動できるソリューションを開発するためのエコシステムを構築している。

WBCSD と Movin’On の新しいパートナーシップは、次の 4 つの行動分野に焦点を当てる。

  • ゼロ・エミッション技術の普及による道路輸送の脱炭素化
  • 循環型社会による産業の脱炭素化と材料効率化
  • モビリティのデジタル化とデータ共有による輸送の効率化
  • 都市部におけるモビリティの通勤行動変革

【参照ページ】
(原文)WBCSD and Movin’On join forces to make mobility more sustainable
(日本語訳)WBCSD と Movin’On が力を合わせてモビリティをより持続可能なものに

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る