バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のための大統領令に署名した。 1975年に委員会が設立されて以来、対象となる取引を審査する際に考慮すべきリスクについて、大統領が正式な指示を与えるのは今回が初となる。

本大統領令は、一部の国が米国の国家安全保障に有害な目的で機密データや技術へのアクセスを得るために外資を利用する危険性を明確に認識し、同委員会に外国投資審査プロセスの継続的な改善を指示している。

本大統領令が指示する5つの観点は以下の通り。

  • 国防産業を含め、米国の重要なサプライチェーンの回復力に対する取引の影響
  • マイクロエレクトロニクス、人工知能、バイオテクノロジー及びバイオ製造、量子コンピューティング、先進クリーンエネルギー、気候適応技術など、米国の技術的リーダーシップに対する取引の影響
  • 米国の国家安全保障に影響を及ぼす可能性のある業界の投資傾向
  • 国家安全保障を損なう恐れのあるサイバーセキュリティリスク
  • 個人の機密データに対するリスク

本大統領令は、米国の経済的・技術的リーダーシップを維持するためのバイデン=ハリス政権の広範な戦略の一部であり、特に国家安全保障の保護に関するものである。これには、国内での投資と競争力を強化し、同盟国と協力する一方で、米国の優位性を守り、競合他社や敵対者が国家安全保障を損なうのを防ぐために利用可能なあらゆる手段を用いることが含まれる。

【参照ページ】
(原文)FACT SHEET: President Biden Signs Executive Order to Ensure Robust Reviews of Evolving National Security Risks by the Committee on Foreign Investment in the United States
(日本語訳)ファクト シート: バイデン大統領は、米国の対米外国投資委員会による進化する国家安全保障上のリスクの確実なレビューを確保するための大統領令に署名

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る