WBA、「自然・生物多様性ベンチマーク」に対するパブリックコメントの募集を開始

WBA、「自然・生物多様性ベンチマーク」に対するパブリックコメントの募集を開始

1月12日、SDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alliance(WBA)は、「自然・生物多様性ベンチマーク」の原案を発表し、パブリックコメントの募集を開始した。

2022年1月12日から3月2日まで、WBAは方法論草案に関するパブリックコンサルテーションを開催している。本公開に伴い、ベンチマークの方法論について、ステークホルダーの皆様からの追加的な意見を求める。また、2月~3月にかけてバーチャル円卓会議を開催し、方法論についての意見を集める。円卓会議の詳細については、2022年1月末までに公開される。本ベンチマークの初版は2022年4月の発表を予定している。

WBAは生物多様性の損失や生態系の劣化がかつてない速さで起こり、社会と経済が自然に配慮したアプローチをとることが急務になっている今、ビジネスが環境に与える影響の理解、透明性、説明責任の必要性を認識している。また、WBAの循環型変革の範囲を自然や生物多様性も対象とするよう拡大する必要性を確認している。新たに創設された自然・生物多様性トランスフォーメーションは、生物多様性、気候、土地、海、水に関する惑星の境界線内で人類と自然が共存できるよう、企業の影響が安定的で強靭な生態系にいかに寄与しているかを検証することを目的としている。

2022年、WBAの自然・生物多様性ベンチマークは、22業界にわたる最も影響力のある1,000社を対象に適切なガバナンス、生物多様性、環境管理を通じて、社会的包摂やコミュニティへの影響を考慮しつつ、安定的で強靭な生態系への貢献について評価を開始する予定である。 ベンチマークの最初のイテレーション(反復)は、2022年11月に公表される予定である。

本方法論の草案は、既存の自然界の基準やベストプラクティスを基にしながら、いくつかのギャップを認識し、埋めようとするものである。これは、企業が生物多様性のリスクが最も高い場所を理解し、有害な傾向を止めるために迅速に行動し始める動機付けとなるように設計されている。

【参照ページ】
Nature and Biodiversity Benchmark

[/um_loggedin]


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る