バイデン大統領、洋上風力促進に向け、新たな行政措置を発表

7月20日、米バイデン大統領は、気候変動が米国にとって明確かつ現在の危険だと改めて表明した。クリーンエネルギーで高収入の雇用を創出し、家庭のコストを下げることにより、気候危機をチャンスに変えるための一連の最新の行政措置を取る予定である。

バイデン大統領の新たな行政措置は以下の通り。

極端な暑さと危険な気候の影響から地域社会を保護
連邦緊急事態管理庁(FEMA)は、2022会計年度の「災害に強いインフラとコミュニティの構築(BRIC)」プログラムへ史上最大規模となる23億ドル(約3,000億円)の資金提供を発表した。熱波、干ばつ、山火事、洪水、ハリケーン、その他の災害に対して、事前の対策を講じる予定。


猛暑に苦しむコミュニティの冷房費削減
保健社会福祉省は、低所得者向け住宅エネルギー支援プログラム(LIHEAP)を活用し、効率的な空調設備やコミュニティ冷房センターなどの提供を促進するガイダンスを発表した。すでにバイデン-ハリス政権は4月、夏の冷房費を含む家庭のエネルギーコストを支援するため、LIHEAPを通じて3億8500万ドル(約500億円)を発表している。


洋上風力発電の機会および雇用を拡大
内務省は、メキシコ湾における初の風力エネルギー地域を提案した。これらの地域は70万エーカーの面積を持ち、300万世帯以上の電力を供給する可能性がある。


猛暑から地域を守る
労働省労働安全衛生局(OSHA)は、43州にわたる70以上のリスクの高い産業に重点を置き、すでに564件の暑さに関する検査を実施した。暑さ指数が80°F以上の日には、OSHAの検査官とコンプライアンス支援専門家が積極的な働きかけと技術支援に従事し、関係者が仕事中に労働者の安全を確保できるよう支援している。

【参照ページ】
(原文)FACT SHEET: President Biden’s Executive Actions on Climate to Address Extreme Heat and Boost Offshore Wind
(日本語訳)バイデン大統領、猛暑に対処し、洋上風力を促進するための新たな行政措置を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る