BlackRock、Clarity AIと提携し、SFDR報告用のアラジンユーザーデータを提供開始

6月1日、サステナビリティ分析およびデータサイエンス・プラットフォームであるClarity AIは、投資大手のBlackRock(以下、ブラックロック)が、EUのサステナブルファイナンス開示規制(SFDR)フレームワークの企業報告をサポートするために、ブラックロックのアラジン・プラットフォームに統合された同社のサステナビリティ・データを活用していると発表した。

Clarity AIは、投資家がポートフォリオの影響を管理できるように設計された、純粋な影響評価および評価技術プラットフォームである。本プラットフォームは、ビッグデータと機械学習を使用して、実用的なサステナビリティとインパクトのインサイトを作成し、これらを企業、国、地方自治体などのユニークで幅広いユニバースに拡大し、SFDRやEUタクソノミ規制で求められるような新たなサステナビリティ開示義務を投資家が果たすのを支援するための規制およびクライアントレポートをサポートしている。

ブラックロックは2021年1月にClarity AIへの出資を発表し、その後、クラリティAIの機能を自社の投資家向け運用システム「Aladdin」に統合した。また、ブラックロックは、その後の2021年12月に行われたClarity AIの5000万ドル(約65億円)の資金調達ラウンドにも参加している。

ブラックロックは、2023年に施行されるSFDR規制の重要なポイントの1つであるPAI(Principal Adverse Impact)指標の報告にClarity AIのプラットフォームを活用する予定だという。

【参照ページ】
(原文)Clarity AI’s Sustainability Data and Capabilities Will Support BlackRock’s Enterprise SFDR Reporting
(日本語訳)BlackRock、Clarity AIと提携し、SFDR報告用のアラジンユーザーデータを提供開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る