不動産投資家Hines、2040年までに、オフセットなしでネット・ゼロなビルを目指す

6月30日、グローバルな不動産投資家であるHinesは、2040年までにすべての建物でネット・ゼロを達成するという新たな気候変動目標を発表した。同社は、再生可能な技術やエネルギー効率への投資を通じて、オフセットを購入することなく、本目標の達成を目指している。

国際エネルギー機関(IEA)と国連環境計画(UNEP)によると、建物と不動産は、炭素排出量の約40%を占め、地球規模の気候変動問題に大きく関与している。また、長期にわたるという性質上、代替が最も困難な排出源の一つでもある。

Hinesのポートフォリオは、28カ国285都市に1,530の物件を有し、運用資産額は900億ドル(約12兆円)以上だ。同社はネット・ゼロ戦略として、建物内の化石燃料を使用するシステムの電化、循環システムの原則を用いたエネルギーの無駄の削減とシステム効率の向上、再生可能エネルギー開発を促進する敷地内外の再生可能エネルギーの追求を計画している。

また、Hinesでは、エネルギー消費と継続的な排出削減の進捗状況を追跡するためのデータを提供する第三者パートナーとの協定を結ぶ予定だ。

【参照ページ】
(原文)Hines Sets Net Zero Goal Across All Buildings By 2040 Without Buying Offsets
(日本語訳)不動産投資家Hines、2040年までに、オフセットなしでネット・ゼロなビルを目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る