スタンフォード大学、サステナビリティ・気候変動学部を設立

スタンフォード大学、サステナビリティ・気候変動学部を設立

5月4日、スタンフォード大学は、ベンチャーキャピタリストのジョン・ドア氏とその妻で元環境防衛基金の理事・現顧問であるアン・ドア氏からの11億ドル(約1,443億円)の寄付と、その他の寄付者からの約6億ドル(約787億円)の寄付を基に、今秋にスタンフォード・ドア・スクール・オブ・サステナビリティを設立すると発表した。

スタンフォード大学が70年ぶりに設立する新スクールは、地球規模の気候危機解決を加速し、世界中の人々と生態系が直面するサステナビリティに関する緊急課題に取り組む。新スクールの具体的な研究分野は、気候変動、地球惑星科学、エネルギー技術、持続可能な都市、自然環境、食糧と水の安全保障、人間社会と行動、人間の健康と環境などである。

スタンフォード大学は、学部、研究所とイニシアチブ、サステナビリティ・アクセラレータの3つの構成からなる新スクールを発表した。学部は、既存の学部と、海洋、環境行動、環境と生態系、気候科学、地球環境政策などの新設予定学部から構成され、当初は90名、10年間でさらに60名の追加を予定している。

同校の研究所は、エネルギー、環境、持続可能な社会に関する重要な課題や、新たな研究領域について、大学内の専門分野をつなぐ役割を果たす。

サステナビリティ・アクセラレーターは、テクノロジーの柱と政策の柱を持ち、気候やサステナビリティの緊急課題に対する政策やテクノロジーのソリューションを推進し、地域や世界のパートナーを通じてそれを拡大し、すべての人々、特に環境破壊や気候変動の影響を最も受ける人々のためを目的とする。

【参照ページ】
(原文)Stanford Doerr School of Sustainability, university’s first new school in 70 years, will accelerate solutions to global climate crisis
(日本語訳)スタンフォード大学、サステナビリティ・気候変動学部を設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る