HVAC企業Trane、業界初で初、SBTiから承認

HVAC企業Trane、製品使用時の排出量を97%削減

5月5日、HVACおよび空調ソリューション企業のTrane Technologiesは、業界で初めて、科学的根拠に基づく目標設定(SBTi)によるネット・ゼロ・カーボン・エミッション目標を承認された企業になった。同社は、温室効果ガス(GHG)排出量を大幅に削減するためのコミットメントを発表した。その中には、同社製品の使用による冷却トンあたりの排出量を97%削減する目標や、2050年までにグローバルな事業活動全体でGHG排出量を90%削減する目標が含まれている。

SBTiは、ネット・ゼロ・エミッション達成に向けた企業の取り組みを評価・認証する「ネット・ゼロ・スタンダード」を10月に開始し、2050年までに90~95%の脱炭素化や、まだ削減できない残留排出物の中和など、厳しい承認基準を設けている。現在までに、SBTiによってネット・ゼロ目標の検証を受けた企業は、世界で11社にとどまっている。

スコープ3の排出、つまり会社が直接コントロールできないバリューチェーンの排出は、気候への影響の大部分を占め、その中には企業の総排出量の90%を占める製品の使用による排出も含まれている。Traneはすでに、2030年までにスコープ3の排出量を55%削減する目標を掲げていた。

製品の排出量削減は、2030年までに顧客の二酸化炭素排出量を10億トン削減するという、Traneの「ギガトン・チャレンジ」にも貢献する。

【関連記事】Trane 、ゼロエミッション・コールドチェーン・ソリューションに約110億円を投資

【参照ページ】
(原文)Trane Technologies Becomes One of the World’s First Net-Zero Approved Companies with Latest Validation by the Science Based Targets Initiative
(日本語訳)HVAC企業Trane、業界初で初、SBTiから承認

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る