Amazon、再生可能エネルギーの調達を大幅に拡大。2025年までに100%達成へ

アマゾン、再生可能エネルギーの調達を大幅に拡大。2025年までに100%達成へ

4月20日、Amazonは、世界各地で新たに37箇所、合計350万kWのクリーンエネルギー容量の風力・太陽光発電プロジェクトを発表し、再生可能エネルギーのポートフォリオを約30%増加することを発表した。

本プロジェクトは、2040年までにネット・ゼロ・エミッションを達成し、2025年までに企業活動の100%を再生可能エネルギーで賄うという、同社のサステナビリティ目標達成に貢献する。

新しい37のプロジェクトは、米国、スペイン、フランス、オーストラリア、カナダ、インド、UAEにまたがり、3つの新しい風力発電所、26の新しい太陽光発電所、8つの屋上太陽光発電設備が含まれている。

【参照ページ】
(原文)Amazon Extends Position as the World’s Largest Corporate Buyer of Renewable Energy
(日本語訳)Amazon、再生可能エネルギーの調達を大幅に拡大。2025年までに100%達成へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る