Bank of America、すべてのクレジットカードとデビットカードに再生プラスチックを採用

バンク・オブ・アメリカ、すべてのクレジットカードとデビットカードに再生プラスチックを採用

4月21日、Bank of America(BofA)は、2023年よりクレジットカードおよびデビットカードの全商品に80%以上の再生プラスチックを使用すると発表した。デビットカードとクレジットカード全商品への適用は、米国の銀行として初の取り組みである。

同行は、毎年5,400万枚のカードを発行しており、今回の取り組みにより、235トン以上の使い捨てプラスチックを削減し、温室効果ガス(GHG)排出量、エネルギー、水の使用量を削減する。

本コミットメントは、同行の環境サステナビリティ目標に追加される。目標の中には、2050年までに融資活動・業務・サプライチェーンにおいて温室効果ガスの排出を完全にゼロにする、炭素ゼロの電力を100%購入する、2030年までにエネルギー使用と飲料水使用を55%削減するなどの項目がある。また、2030年までに持続可能な金融の動員・展開において1.5兆ドル達成を誓約している。

【参照ページ】
(原文)Bank of America Will Transition to Recycled Plastic for All Plastic Credit and Debit Cards Beginning in 2023
(日本語訳)バンク・オブ・アメリカ、すべてのクレジットカードとデビットカードに再生プラスチックを採用

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る