企業向け気候変動プラットフォーム「ウォーターシェッド」、約146億円を調達

企業向け気候変動プラットフォーム「ウォーターシェッド」が約146億円を調達

2月1日、企業向けサステナビリティ・プラットフォームのウォーターシェッドは、シリーズC資金調達ラウンドで1億ドル(約146億円)を調達したと発表した。

本資金調達ラウンドでウォーターシェッドの価値は18億ドル(約2,634億円)となり、世界で最も価値のある気候変動ソフトウェア企業となる。

2019年に設立され、サンフランシスコを拠点とするウォーターシェッドは、企業が温室効果ガス排出量を測定、報告、削減し、気候変動目標を達成し、規制上の持続可能性報告要件に対応することを支援する。同社のソリューションには、きめ細かな排出量測定のための気候データベース、持続可能性報告やサプライチェーン・エンゲージメントのためのソフトウェア・ツール、企業が炭素除去やクリーン電力プロジェクトにアクセスするためのマーケットプレイスなどが含まれる。同社の顧客ベースには、ゼネラル・ミルズ、サンコープ、メドライン、BBVA、パラマウント、Spotify、クラーナ、米国銀行上位6行のうち4行、プライベート・エクイティ上位10社のうち6社が含まれる。

ウォーターシェッドによると、2022年に7000万ドル(約102億円)のシリーズB資金調達ラウンドを実施して以来、同社は大きな成長を遂げた。顧客ベースのCO2排出量管理量は2000万トンから4億7900万トンに増加し、最近では温室効果ガス排出量データベースCEDAの買収、企業気候情報開示ソフトウェア・ソリューション「ウォーターシェッド・ディスクロージャー」の立ち上げ、KPMG、アクセンチュア、ERM、PCAFなどの企業や団体とのパートナーシップの確立に成功した。

同社によると、今回の資金調達は、排出量測定、持続可能性報告、脱炭素ソリューションへの投資をサポートするもので、英国およびヨーロッパでのプレゼンス拡大を目指している。

今回の資金調達ラウンドは、テクノロジーに特化した投資家グリーンオークスが主導し、クライナー・パーキンス、セコイア・キャピタル、エラッド・ギル、エマーソン・コレクティブ、ガルヴァナイズ・クライメート・ソリューションズ、ネオなどの既存投資家も参加した。

【参照ページ】
(原文)$100M for climate Announcing our Series C
(日本語参考訳)気候変動に1億ドルを シリーズCを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る