WBCSD、企業のプラスチック漏出とサーキュラーエコノミー性に関する指標と情報開示に関する報告書を発表

5月25日、グローバル企業団体WBCSDは、企業のプラスチック漏出とサーキュラーエコノミー性に関する指標と情報開示に関する報告書を発表した。

本報告書は、プラスチック汚染に関する政府間交渉委員会の第2回会合(INC-2、フランス・パリ、2023年5月29日~6月2日)に先立ち、以下を目的として発行された。

  • プラスチック漏出と循環性の測定に焦点を当て、企業がプラスチック汚染会計の目的で使用すべき指標を明確にする。
  • これらの指標をプラスチック汚染に関する包括的な企業説明責任システムに組み込み、国連加盟国が現在交渉しているプラスチック汚染撲滅のための国際法的拘束力文書(ILBI)に企業が準拠するのを支援する。

本報告書では、プラスチック汚染をなくし、プラスチックの循環型経済へ移行するための企業の旅路を構成する4つの段階からなる説明責任システムを提案する。

  1. ILBI/科学的根拠に基づく目標の遵守への移行に向けた野望を設定する。
  2. その目標を、企業レベルで実施するためのプラスチック汚染アクションプランに落とし込む。
  3. プラスチック汚染の会計メカニズムを通じて、(合意された条約目標に沿った)正確なプラスチック汚染削減の会計指標を長期的に導き出す。
  4. 説明責任(報告と開示)のためのグローバルなベースライン報告フレームワークを通じて、メトリクスを外部に開示する。

【参照ページ】
(原文)Enabling corporate plastics disclosure: Building a corporate accountability system for plastic pollution
(日本語参考訳)企業のプラスチック情報開示の実現:プラスチック汚染に対する企業の説明責任システムの構築

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る