飲料大手Diageo、アフリカの小規模農家における気候危機を緩和するイノベーション・ファンドを立ち上げ

8月30日、飲料大手Diageoは、アフリカの小規模農家における水と気候の危機の影響を軽減し、監視することを目的とした3つのイノベーションに45万ポンド(約7,300万円)を提供すると発表した。

小規模農家は、気候変動から生じる天候の変化や水不足に対して非常に脆弱だ。Diageoは、ESG行動計画「Society 2030: Spirit of Progress」の一環として、地域社会の回復力を高め、農業プログラムをモニタリングして天然資源の保護に努めている。

3つのイノベーションは、以下の項目に焦点を当てている。

  • :今後50年間で、アフリカの降雨量は10〜20%以上減少すると予測されており、貧困削減、食糧安全保障、持続可能な開発に向けた世界の進展が損なわれる恐れがある。生産性を最大化するためには、小規模農家における土壌の保水力とモニタリングの大幅な改善が不可欠。そのためのソリューションとして、保水用の土壌添加剤、ローカルな天気予報、現場での測定用プローブなどが考えられる。
  • 炭素:炭素は土壌の機能と生産性に不可欠であり、健全な土壌状態の主要な構成要素であると同時に、農作業によって大気中に放出される可能性がある。土壌中の炭素量を定量化し、土壌の健全性を向上させるために、土壌炭素の測定、モデリング、解釈、モニタリングを改善する必要がある。関連するソリューションとしては、リモートモニタリング、土地管理と連動した炭素貯留のモデル化、スペクトルデバイスなどが考えられる。
  • 生物多様性:生物多様性と気候は表裏一体であり、生物多様性は気候変動の緩和と適応に不可欠である。生物多様性の測定を向上させ、生物多様性の種類や変化を時系列で追跡できるようにすることが重要である。そのためには、カメラによる捕獲、小規模農家との協同モデル、農場でのデータ収集や遠隔地でのデータ収集などが考えられる。

【参照ページ】
(原文)Diageo launches innovation fund to help mitigate climate change in smallholder farms in Africa
(日本語訳)飲料大手Diageo、アフリカの小規模農家における気候危機を緩和するイノベーション・ファンドを立ち上げ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る