気候ソリューション・ソフトウェア提供のWatershed、約81億円を調達。ユニコーン企業に

Watershed、7000万ドルを調達、評価額10億ドルに到達

2月8日、気候ソリューション・ソフトウェアのプロバイダーであるWatershedが、最新の資金調達で評価額10億ドル(1,100億円)を達成し、ユニコーンの地位を獲得した。同社は、ベンチャーキャピタル投資家のセコイアとクライナー・パーキンスが共同主導するSeries B roundで7,000万ドル(81億円)を調達したと発表した。

Watershedのソフトウェア・プラットフォームは、企業の気候変動対策プログラムの計画、実施、運営を支援している。Watershedのソリューションは、企業がスコープ1、2、3の排出量を分析・測定し、ダッシュボードでスコープ、カテゴリー、ベンダー、場所などのカテゴリー別にドリルダウンし、業界の同業他社とのベンチマークを可能にする。また、このプラットフォームにより、企業はクリーン電力プロジェクトなどのソリューションの影響を評価し、炭素除去や高品質のカーボンオフセットにアクセスして投資することができ、TCFD、CDP、SASB、GRI基準に準拠した炭素会計報告書を作成することができる。

Watershed社は、本調達資金を雇用の促進や気候ソリューションツールの開発資金に充てるとしている。

今回の資金調達に加え、Watershedは、マーク・カーニーとクリスティナ・フィゲレスという2人の著名なアドバイザーの就任を発表した。カーニーは、カナダとイギリスの銀行総裁を歴任し、国連の気候変動対策と金融に関する特使を務め、Glasgow Financial Alliance for Net Zero (GFANZ) を創設した。フィゲレスは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局長を務め、パリ協定を主導したほか、気候変動対策に焦点を当てた組織Global OptimismとClimate Pledgeを共同設立している。

【参照ページ】
(原文)Accelerating decarbonization with $70M in new funding
(日本語訳)気候ソリューション・ソフトウェア提供のWatershed、約81億円を調達。ユニコーン企業に

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る