GSCC、CO2排出量を測定・報告するための鉄鋼グローバル基準を発表

8月3日、国際的な鉄鋼業界気候変動イニシアティブである世界鉄鋼気候評議会(GSCC)は、鉄鋼の炭素排出量を測定・報告するための世界基準である「The Steel Climate Standard」を発表した。

本基準は、世界の鉄鋼業界からの温室効果ガス(GHG)排出量削減に焦点を当て、パリ協定が目指す1.5°Cシナリオに沿った排出量削減のための科学的根拠に基づくグライドパスを示すものである。本規格は、全鉄鋼メーカーに等しくグローバルに適用され、顧客が鉄鋼製品に関連する実際の炭素排出量を知り、比較することを可能にする。

GSCCは、グローバルな鉄鋼規格を提唱する複数のグループや企業のひとつである。「鉄スクラップ使用量スライディング・スケール」と呼ばれる、従来の生産プロセスで作られた鉄鋼と、循環型プロセスで作られた鉄鋼の規格を推進するグループもある。対照的に、「The Steel Climate Standard」はプロセスにとらわれない単一の製品基準を設定し、鉄鋼メーカーに科学的根拠に基づく排出量目標の設定を求めている。

GSCCが開発したSteel Climate Standardには以下の通り重要な目的を3つ設定している。

  1. すべての鉄鋼メーカーに等しくグローバルに適用される、鉄鋼製品の認証と企業の科学的根拠に基づく排出量目標設定のための、技術にとらわれない単一の枠組みを提供する
  2. すべての顧客が、購入する鉄鋼製品に関連する炭素排出量を知ることができるようにする
  3. 2050年までにパリ協定における排出削減目標を達成するための業界標準を作成する

【参照ページ】
(原文)Low-carbon coalition publishes a global steel standard to measure and report carbon emissions
(日本語訳)GSCC、CO2排出量を測定・報告するための鉄鋼グローバル基準を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る