KLA、2030年までに全世界の事業所で再エネ電力の100%使用にコミット

KLA、2030年までに全世界の事業所で再エネ電力の100%使用にコミット

半導体製造装置およびサービスを提供するKLA Corporationは、2030年までに全世界の事業所で再生可能エネルギーによる電力を100%使用するという新たな目標を発表した。

この目標は、2030年までにスコープ1とスコープ2の合計排出量を、2019年を基準に46%削減することを目指している。この目標は、ミルピタス本社での100%カーボンフリー電力の購入、ベルギーオフィスでの100%グリーンエネルギーの契約とソーラーパネルの設置、ウェールズの拠点での97%カーボンフリー電力の購入など、これまでの自然エネルギーに関する実績に基づいている。

KLAの社長兼CEOであるリック・ウォレスは、次のように述べている。

「私たちの地球には責任あるスチュワードシップが求められていることを理解し、KLAは全世界の事業所で100%再生可能な電力を使用するという野心的な目標を達成するために歩みを進めています。私たちは、自らの事業における資源の使用と排出を削減することで、将来にわたってスマートで持続可能なチップ生産を確保するために、自らの役割を果たすことを約束します。」

【参照ページ】
(原文)KLA Announces Goal to Use 100% Renewable Electricity Across Global Operations by 2030
(日本語訳)KLA、2030年までに全世界の事業所で再エネ電力の100%使用にコミット

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る